芝生のイロハ

芝生の主要害虫

コガネムシ類

(左:雄 右:雌)

ウスチャコガネ (Phyllopertha diversa Waterhouse)
英名:Pale brownish chafer

九州地方での成虫の発生は年1回、4月上旬~中旬に発生する。土中に産卵された卵は土壌中の水分を吸収して成長する。5月上旬には若齢幼虫を土中で確認できる。幼虫は芝生の根を食害するので、芝生は乾燥害を呈し枯死する。夏季は地温が高いので土中(20㎝くらい)で越夏。砂地のコウライシバに被害が大きい。

ヒラタアオコガネ成虫 ヒラタアオコガ (Anomala octiescostata Burmeister)

九州地方ではウスチャコガネの発生時期と同時期(4月上旬~中旬)に見られる。幼虫は芝生の根を食害するので、芝生は乾燥害を呈し枯死する。夏季は土中(20㎝くらい)で越夏し、10月上旬頃に土中で成虫となる。砂地のコウライシバに被害が大きい。

マメコガネ(成虫) マメコガネ (Popillia japonica Newman)
英名:Japanese beetle

九州地方では芝生での発生量はウスチャコガネやヒラタアオコガネに比べるとかなり少ない。成虫は6月上~中旬ころから発生し、ヤマモモ、ツツジなどの樹木の花を食害する。幼虫は芝生の根を食害する。地温が高い8月になっても幼虫は芝生表面下(3~5㎝)で食害を続ける。

その他

スジキリヨトウ(幼虫・成虫)

左:成虫 右:幼虫

スジキリヨトウ(Spodoptera depravata Butler)
英名:Lawn cutworm

成虫は体長10~15mmで、年3回発生する。九州地方での幼虫による食害被害は6月上旬頃からで、孵化直後の幼虫は芝草の先端あたりの軟らかい部分だけを食害するため遠くから見ると芝地が円形に白色に見える。老熟幼虫による食害が現れる9月中~10月上旬は芝生の緑度が失せて大被害をもたらすことがある。日当たりのいいノシバの斜面での被害が大きい。

シバツトガ成虫

成虫

シバツトガ幼虫

幼虫

シバツトガ食害痕

食害痕

シバツトガ(Pediasia teterrellus Zincken)
英名:Bluegrass webworm

成虫は体長8mmで年3回発生する。 九州地方では越冬幼虫による食害が4月中旬より始まる。吐糸で枯葉や砂粒をつづって巣(苞)を土中10㎜以内に作る。食害は巣の周囲の芝生で見られる。被害は7~8月頃のベントグラスに大被害をもたらす。コウライシバやティフトンシバも食害する。

タマナヤガ(成虫・幼虫)

左:成虫 右:幼虫

タマナヤガ (Agrotis ipsilon Hufnagel)
英名:Cutworm

九州地方では冬季に中・老齢幼虫で越すことが多く、芝生(主にベントグラス)の食害は5月上旬頃より見られる。
コアリング作業時の削孔に生息し、その周囲を食害するので、孔は早めに目土で埋める。草丈の長い芝地に特に被害が大きい。

ケラ成虫
ケラ(Gryllotalpa orientails
英名:Mole cricket

ケラは雑食性で芝生表面に作ったトンネル内に芝生の茎や根を引き込んで食べる。芝生での被害はこのトンネルで芝草の根が浮き乾燥で枯死したり、盛り上げた芝生をモアで刈込むことにより芝生にキズを付ける。11月下旬頃、地温の低下とともに地中深く潜り越冬する。草丈が20㎜以下の芝地に多い。

シバオサゾウムシ成虫 シバオサゾウムシ (Sphenophorus venatus vestitus Chittenden)
英名:Hunting billbug

九州地方では幼虫越冬がほとんどで、成虫の発生回数は年1回である。成虫の食害は茎に軽度な被害が出る。産卵はノシバの茎に多い。幼虫は芝生(特にノシバ)のほふく茎を食害するので、その箇所では直立茎が抜けやすく、乾燥等で枯死する被害が出やすい。

一般財団法人 西日本グリーン研究所
Nishinihon Green Research Institute, NGRI

〒838-0106
福岡県小郡市三沢1655
TEL:0942-65-5151 FAX:0942-65-5153
http://www.nishiken.or.jp
Copyright © 2001-2013 一般財団法人 西日本グリーン研究所 All Rights Reserved.