芝生のイロハ

芝生管理の一般知識

1.芝草の種類と草種

表.芝草の種類と草種
夏芝
スズメガヤ亜科 1.日本芝類
 ①シバ(ノシバ)
 ②コウシュンシバ(コウライシバ)
 ③コウライシバ(ビロードシバなど)
2.バーミューダグラス類
 ①ギョウギシバ
 ②バーミューダグラス
 ③アフリカンバーミューダグラス
3.ウィーピングラブグラス
4.バッファローグラス
キビ亜科 5.センチペドグラス
6.カーペットグラス
7.バヒアグラス
8.シマスズメノヒエ・ダリスグラス
9.キクユグラス(アフリカチカラシバ)
10.セントオーガスチングラス(イヌシバ)
◎ティフトンシバ:
バーミューダグラス×アフリカンバーミューダグラス
◎スズメガヤ亜科:
 亜熱帯の乾燥気候に適している。
◎キビ亜科:
 亜熱帯の湿潤気候に適している。
◎ウシノケグサ亜科:
 冷温帯の乾燥気候に適している。
冬芝
ウシノケグサ亜科 1.ベントグラス類
 ①レッドトップ
 ②コロニアルベントグラス
 ③クリーピングベントグラス
 ④ベルベットベントグラス
2.ブルーグラス類
 ①ケンタッキーブルーグラス(ナガハグサ)
 ②ラフストークドメドウグラス(オオスズメノカタビラ)
 ③スズメノカタビラ
 ④カナダブルーグラス(イチゴツナギ)
3.フェスク類
 ①レッドフェスク(オオウシノケグサ)
 ②チューイングフェスク(イトウシノケグサ)
 ③ハードフェスク(コウライウシノケグサ
 ④シープフェスク
 ⑤トールフェスク
4.ライグラス(ホソムギ)類
 ①ペレニアルライグラス
 ②イタリアンライグラス
5.その他寒地型芝草
 ①オーチャードグラス
 ②チモシー
 ③スムーズブロムグラス
 ④トールオートグラス
 ⑤クレステッドホイートグラス
 ⑥ウエスタンホイートグラス
 ⑦スイートバーナルグラス
 
図.芝草の種類と利用場所

2.芝草の形態

芝生の形態
芝草の形態

3.芝生管理の種類と方法

表.植物の必須、有益元素の区分
区分 元素名(化学記号)
必須
16元素
有機物(植物体)構成元素 水素(H)、炭素(C)、酸素(O)
必須
養分元素
多量
元素
3要素 窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)
その他 カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、イオウ(S)
微量
元素
成分保証
元素
マンガン(Mn)、ホウ素(B)
その他 鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、モリブデン(Mo)、
塩素(Cl)
有益元素 ケイ素(Si)、ナトリウム(Na)、セレン(Se)、
ヨウ素(I)、アルミニウム(Al)
一般財団法人 西日本グリーン研究所
Nishinihon Green Research Institute, NGRI

〒838-0106
福岡県小郡市三沢1655
TEL:0942-65-5151 FAX:0942-65-5153
http://www.nishiken.or.jp
Copyright © 2001-2013 一般財団法人 西日本グリーン研究所 All Rights Reserved.